スポーツロレックス愛好家のための
Webメディア

2019.03.31

【時計入門】時計選びで後悔しないために知っておくべき3つのポイント

 

 

ビジネスパーソンなら誰もが憧れる高級時計。

機能的で長く使える上、話題のきっかけを生み、さらには持つ人の社会的ステータスをもさりげなくアピールしてくれる、万能のオシャレアイテムだ。

しかし、高級時計は言うまでもなく高価なアイテムなので、時計選びに失敗した時のダメージは大きい。特にそれが初めての1本だとしたら、

後悔は計り知れないものになってしまうだろう。

 

そこで、WatchLovers編集部では、時計初心者が「初めての1本」を選ぶ時に知っておきたいポイントを、次の3つにまとめた。

 

時計選びで後悔しないための3つのポイント

1.機能・性能

2.メンテナンス

3.購入場所

 

さっそく、1.から順に見ていきたい。

 

1.機能・性能

高級時計には多くの機能があり、性能もさまざまだが、その中でも、後で後悔しないためにチェックしておきたい4つの機能・性能を紹介する。

 

①防水機能

防水機能は、文字通り水濡れによる時計の故障を防ぐ機能だ。現在製造されている時計の大半に防水機能が備わっているが、その防水レベルには幅がある。
仕事の時に使う場合、一般事務やデザイナーといった内勤の仕事であれば生活防水程度(3気圧防水)でも問題ないが、
水を扱うような仕事だと20〜30気圧防水くらいは欲しいところだ。
水に対して神経質になりたくない人は、30気圧防水以上のモデルを選んでおけばひとまず安心だ。

 

②パワーリザーブ

パワーリザーブとは、機械式時計の継続時間のことだ。電池の力で動くクォーツ式と違い、機械式時計はゼンマイを巻くことで動力を得るため、
何もせずに放置すると動きが止まってしまう。パワーリザーブはその動力がどれだけ持つのかの指標となっており、
完全にゼンマイを巻いた状態から動きを止めるまでの時間で表される。エントリーモデルだと、パワーリザーブは40〜50時間前後であることが多い。

 

③クロノグラフ

クロノグラフは「ストップウォッチ機能」を備えた時計のことだ。時間を図れる実用性に加え、
文字盤のデザインがメカニカルで秀逸なものが多く、高い人気を誇っている。

 

④GMT機能

GMT機能とは、世界時計とも言われる、複数のタイムゾーンの時刻を同時に表示できる機能だ。
海外出張やグローバル企業のテレビ会議など、日本と海外の時間を同時に知りたいときに重宝する。
モデルによっては3つの時間帯を表示できるモデルもある。海外との取引が多いビジネスマンはもちろん、海外旅行を趣味とする方にもオススメの機能だ。

他にも色々な機能・性能があるが、まずはこの4つに注目してみると良いだろう。

 

 

2.メンテナンス

高級時計を初めて購入する人が見落としがちなのが、高級時計にはつきもののメンテナンスだ。
高級時計は買って終わりではなく、その後長く使っていくために、定期的なメンテナンスが必須である。
ブランドによっては購入後のメンテナンスを無料で行ってくれるところもあるが、そうではないところも多く、このメンテナンス費用が
それなりの金額になってくるものもある。購入時に無理をしてしまうと、次第にメンテナンス費用が過重に感じられるようになってしまい、
最終的にせっかく手に入れた高級時計を手放すことになるということもありえない話ではない。

時計本体の購入費用だけではなく、その後の定期的なメンテナンスが必要になることも念頭に置いて、時計を選ぶ必要がある。

 

 

3.購入店舗の業態

高級時計を購入できる店舗は、大きく分けて4業態ある。それぞれサービス内容や価格が大きく違うため、しっかりと理解した上で購入店舗を選びたい。

 

①正規店

正規店は、各ブランドから正規代理店を通して仕入れた時計を扱う店舗である。百貨店がその代表格だ。

正規店の特徴は、大きく4つ挙げられる。

1つめの特徴は、
全ての商品が定価で販売されているため、販売価格に差がないという点だ。
これは人によってメリットともデメリットともなるだろうが、一般的に、他の形態の店舗の販売価格より高めであることが多い。

2つめの特徴は、
ブランドとの距離が近いという点だ。新作に関して、どこよりも早く情報が届くのは正規店である。

3つめの特徴は、
店員の質が高いという点である。ブランドとの距離が近いために、店員の知識レベルが高く、しっかりとした説明を受けることができる。
また、体制面でも、メンテナンスや修理に対して十分な人材が配置されているという点は見逃せない。

4つめの特徴は、ブランドによっては会員サービスやメンテナンス代金の割引など、充実したアフターサービスやサポートを受けることができるという点だ。
これも人によっては大きな価値を感じられる正規店ならではの特徴と言える。

 

②並行店と量販店

並行店と量販店は、いずれも独自のルートで仕入れた時計を販売する店舗業態である。
どちらも店舗によって当たり外れが大きく、サービスや店員の知識、商品の質はまちまちだが、一般的に定価よりも割引価格で購入することが可能だ。
場合によっては掘り出し物を見つけられることがあるかもしれないというのが、この種の店舗のメリットだろう。

 

③委託・買取販売店

委託・買取販売店は、中古の商品を取り扱う時計専門店だ。高級時計のリユース品を専門に取り扱う店舗では、
委託・買取に必須の技能を持つ時計鑑定士が常駐している。鑑定士は年代物の時計に関する正確な知識を豊富に有している。

このタイプの専門店のメリットとしては、大きく2つ挙げられる。
1つは定価よりも安いこと。
そしてもう1つは、販売終了モデルや正規店で完売した人気モデルも入手可能なことだ。
資産価値の高い時計を入手したい場合、そういったモデルが主流となってくるため、委託・買取販売店で探すことになるだろう。

 

店舗選びに関しては、自分が何を求めるかによって上記の3タイプから選んだ上で、さらに個別の店舗を選ぶ必要がある。
個別店舗の品揃えやスタッフとの相性など、さまざまな要素があるため、これに関しては自分の足で回ってみるのが一番だ。

 

 

まとめ

高級時計は長く大切に使うものである。購入前に自分がどんなものを求めていて、どのような商品があるのかはもちろんのこと、
トータルでどれくらいのコストがかかり、どこで購入するかによってどんなメリットが得られるのかをしっかり理解する必要がある。

決して安い買い物ではないので、徹底的に調べた上で、楽しい高級時計生活を手に入れてほしい。