スポーツロレックス愛好家のための
Webメディア

2019.03.31

【時計入門】知っておきたい定番モデル①ロレックスの”王様”デイトナ コンビモデル

 

高級時計といえば、誰に聞いても最初にロレックスの名が上がることは間違いない。

そんなロレックスの中でも、“王様”と呼ばれ長く人気を博し続けているモデルがデイトナだ。

どのモデルも人気がとどまるところを知らないデイトナだが、本記事では、その中でも定番と言われるコンビモデルについて解説する。

 

 

デイトナ コンビモデルの歴史

ロレックスデイトナ「Ref.16523」は、デイトナが手巻きから自動巻きに切り替わる際に誕生した、記念すべきデイトナ初の自動巻きモデル、そして初のコンビモデルだ。
のちにデイトナの定番となるコンビモデルは、このモデルから始まった。

 

 

 

「Ref.16523」の次に登場したのが、2世代目コンビモデル「Ref.116523」だ。

このモデルは、見た目こそ「Ref.16523」に似ているが、クロノグラフ秒針の停止や運針が瞬時に反応するようになるなど、機能が大きく向上した。
結果として非常に高い人気を博し、2000年から2016年まで、16年にわたって製造されるロングセラーモデルとなった。

 

 

そしてついに、現行モデルである「Ref.116503」が登場した。

 

「Ref.116523」と「Ref.116503」の違い

「Ref.116523」と「Ref.116503」の一番の違いはベゼルのデザインだ。
文字盤やインデックス、ケース径には、ほとんど変更がないが、ベゼルのデザインが大きく異なっている。変更点は次の2点だ。

・タキメーターの数字の下にある印がドットから三角に変更

・文字のフォントが太くなっている

これにより、「Ref.116503」は、従来モデルに比較して、よりモダンで力強い印象になっている。
他のバリエーションにおいても、ベゼル以外は従来のコンビモデルとほぼ変わらないため、ベゼルの好みが購入の決め手になるだろう。

 

 

「Ref.116523」と「Ref.116503」の価格比較

2019年1月末時点の相場は「Ref.116523」が150万円前後、「Ref.116503」が170万円前後である。
旧型の「Ref.116523」の方が比較的手頃な価格となっている。

 

 

まとめ

ロレックスの定番モデルデイトナのコンビモデルに注目し、その歴史とモデル間の違いを紹介した。
入門者としても知っておいて損はないモデルなので、店頭で見かけた際には、ぜひ注目してみてほしい。